Windows8.1 起動時にデスクトップを表示する

Windows8になってから、なんとなく操作がひと手間、ふた手間ふいてしまいますねー。
個人的には、アプリを起動するときのスタートボタンが様変わりしたのがつらいですねー。
様変わりというかなくなってしまったといった方がいいでしょう。
それと起動時にいちいちデスクトップ表示に切り替えなければならない操作、これも数クリックのことなんですが、起動するたびに毎回のことなんで結構面倒です。私も毎回このデスクトップを表示する操作を毎回やっていたんですが、Windows8.1にアップデートすると、この操作、設定で回避できるのです。
ということで、まだ設定されてない方是非設定してみてくださいね。

タスクバーの何もないところで右クリックしてプロパティをクリック。
150120_DESK01

「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」が表示されるので、「ナビゲーション」タブを選択。
「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れて「OK」をクリックする。

150120_DESK02

これで次回起動時から、最初からデスクトップ画面を表示することができます。

ちょっと設定を探すといろいろ改善できますね。

カテゴリー: Windows パーマリンク