VBかんたんお手軽 デバッグ情報のファイル出力

デバッグ情報やログをファイルに書きこむときに、普通のファイル入出力でやってたんですが、とってもお手軽な方法があったので備忘録です。
デバッグ情報はDebugクラスを使って簡単にファイルに出力することができます。
デバッグ情報は、DebugクラスのTraceLitenarCollectionオプジェクトに指定した場所に出力されます。
TextwriterTraceListener オブジェクトの生成で出力先ファイル名を指定します。
そしてそのオブジェクトをAddでセットします。
とってもお手軽ですね。

    Private Sub Button6_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button6.Click
        'デバッグ情報ファイル書き込み
        Dim i As Integer
        Dim tlie As New TextWriterTraceListener("D:\作業フォルダ\debug_log.txt")
        Debug.Listeners.Add(tlie)

        Debug.WriteLine("デバッグ情報です その1!!")
        Debug.WriteLine("デバッグ情報です その2!!")

        Debug.Flush()
  
    End Sub
カテゴリー: VB パーマリンク