VB 動的な配列ならArrayListオブジェクトが超便利!!

VBの配列コレクションを使おう
配列の要素を動的に変化させたいときって結構ありますよね。そんなときどうしてますか?ArrayListオブジェクトがとっても便利です。
ArrayListは要素を自由に追加できるのでとってもゆうずうが効きます。
ArrayListオブジェクトを使用するには、おきまりのNew演算子でインスタンスを生成します。生成したオブジェクトに要素を追加するには、AddメソッドやAddRangeメソッドを使用して値を追加します。

まずはシンプルにAddメソッドを使ってひとつづつ格納する例です。

    Private Sub Button8_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button8.Click
        Dim arrayListObject As New ArrayList()

        arrayListObject.Add("りんご")
        arrayListObject.Add("みかん")

        Dim i As Integer
        For i = 0 To arrayListObject.Count - 1
            Console.WriteLine(arrayListObject(i).ToString)
        Next
    End Sub

ComboBoxに格納されているコレクションを一括でArrayListオブジェクトへ格納する例です。

    Private Sub Button2_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button2.Click

        Dim arrayListObject As New ArrayList()

        arrayListObject.AddRange(ComboBox1.Items)

        Dim i As Integer
        For i = 0 To arrayListObject.Count - 1
            Console.WriteLine(arrayListObject.Item(i).ToString)
        Next
    End Sub

20150203_01

カテゴリー: VB パーマリンク