顔面神経麻痺 ベル麻痺 体験談!!

ある日突然

ある朝、歯を磨いていて口をすすいだら、口の左端から水がこぼれる現象に遭遇しました。あれっ、なんかおかしい。もう一度口に水を含んでみますが、やっぱり水が口からこぼれます。例えるなら歯医者さんの麻酔が少し残っているようなあの感じ。
そのときは、ちょっと唇がなんか変だなあというぐらいであまり気にせず放置しましたが翌日はさらに悪化。唇もさらに閉じなくなり、目も閉じることがでなくなってしまいました。見事に顔の左側だけです。
あわてた私が真っ先に考えたのは、脳梗塞など脳血管系の異常。その日、とりあえず会社を休んで午前中に救急病院へ直行です。救急受付で顔の左半分に麻痺があり、目が閉じられないことを説明して、その場でいくつか問診をうけます。
手お上げてみて下さいとか、足の痺れはありますかとか、まっすぐ歩けるかとかチェックを受けますが、結局その場では脳梗塞とか頭の疾患ではないでしょうとのことで、午後の一般受付で来てくださいといわれてしました。
しかし、午後の一般受付まであと4時間。迷いましたが、ここは万が一のこともあるし、別の病院へ直行!!
同じく、一通り症状を説明すると、ここの病院でも大丈夫でしょうとのこと。しかしその場でMRIをとって頂けることになり一安心。検査の結果も特に血管系に異常はなく原因不明の顔面神経麻痺。
お医者さんには、2種類の薬をいただきましたが、ひとつは、日々少しずつ飲む量を減らしていくお薬、もうひとつはビタミン剤のような薬をいただき帰宅します。

そして翌日麻痺はさらに悪化します。この日で3日目。

そして翌日麻痺はさらに悪化します。この日で4日目。
昼間も寝るときも、目が閉じられません。まばたきができないんです。
普段目をとじるってどうやってたんだっけーと考えてしまいますが、ほんとできないんです。

そして5日目もさらに悪化します。
味噌汁を食べると口からこぼれます。ペットボトルのお茶を飲むときも手で唇をつまんでふさがなければ、飲むことができません。
このままどんどん動かなくなったらどうしようと、ホント不安になります。

ネットでいろいろ調べてみると、このような原因不明の顔面神経麻痺のことをベル麻痺というらしく、症状をいろいろみてみると自分の症状とピッタリ一致します。
ベル麻痺の症状は、顔面の左右どちらか半分が麻痺すること、目がとじれない、まばたきできない、くちから水がこぼれる等々、そっくりです。
悪化の過程も発症から1週間ぐらいは悪化の一途でその後は少しずつ回復していくとの記述が多く、個人差はあるものの比較的後遺症も残らないことがほとんであると書いてあります。
まあ、そんな情報に触れて多少気持ちも落ち着きますが、自分の場合はまだ悪化中の身。ホントに不安と目が閉じられないつらさでまいってしまいます。
薬も継続して飲んではいるものの劇的に症状を改善してくれるような薬ではないようです。

そして、8日目なって回復はしないものの症状の悪化がしなくなっているような感じ。
9日目も変化無し。
いままで顔面神経麻痺が悪化の一途だったので、回復しなくても悪化するのが止まっただけでもホントうれしいです。

そして、発症から2週間がたとうするころ、始めて前の日より症状がほんのわずかですが、回復しているような感じがします。
この回復のタイミングは、ネットの多くの記事に記載されていたベル麻痺の情報と、見事に一致していました。

そこからは、毎日少しずつ回復していきますが、そのペースはホント遅いです。
発症から3週間目でもまだまだ麻痺が残ってましたが、その頃からだんだん気にならなくなり、完全に麻痺がなくなったのがいつだったかはっきりしません。感覚的にはまあ1ヶ月ぐらいでほぼ完治といったところでしょうか。

顔面神経麻痺 発症の原因
いったいどうしてこうなってしまったんだろう。
発症の前の3日間ぐらい、確かに超無理をしていた。
その辺から神経が炎症をおこしたんだろうか、確かに発症する前日に左耳の後ろの下が痛く、手でよく押さえていた。
聞けば耳の後の下は顔面の神経が集まって通っているらしい。
やはり無理しすぎて神経が炎症をおこしたのだろうか。

今ベル麻痺で苦しんでおられるなら、なにかの参考になれば幸いです。
しかしながら、顔面麻痺は脳血管系の疾患の可能性もありますから、発症したら、即精密検査は必須です。自分で診断するのは厳禁です。

カテゴリー: その他 パーマリンク