VB.NET 配列の作成と動的配列の作成

今日のお題はVB.NETでの配列作成と配列からの値の取り出しについてです。
配列にはあらかじめ配列の数が決まっている場合と処理の中で動的に配列を作成していきたい時がありますよね、ということで静的配列と動的配列の作成例です。
それからFor Eachを使って値を取り出しています。
とっても便利なので是非慣れましょう。

   '静的配列の使い方
    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click


        '配列の数をあらかじめ宣言する。
        Dim wk_array(3) As Integer

        '値を格納する
        wk_array(0) = 100
        wk_array(1) = 200
        wk_array(2) = 300

        Dim total As Integer = 0

        '配列の数だけループして、中身を取り出す。
        For Each kei As Integer In wk_array

            '取り出した値を合計する
            total = total + kei
        Next

        MsgBox(total.ToString)

    End Sub

次は動的配列
プログラムの中で配列をひとつずつ確保しています。
この例では、ありがたみが全くありませんが、重宝する場面はたくさんありますので、動的配列の作り方は是非慣れておきましょう。

Redim Preserve(i) で添え字を入れて、配列を一つずつ確保しています。

'配列の数を動的に確保する。
    Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click

        '配列用の変数を宣言するが、添え字の数は指定しない
        Dim wk_array() As Integer

        Dim i As Integer

        For i = 0 To 9
            '動的に配列を確保
            ReDim Preserve wk_array(i)
            wk_array(i) = 10
        Next



        Dim total As Integer = 0
        '配列の数だけループして、中身を取り出す。
        For Each kei As Integer In wk_array

            '取り出した値を合計する
            total = total + kei
        Next

        MsgBox(total.ToString)

    End Sub

カテゴリー: VB | コメントする

android Canvasに文字列を描く(Viewを継承して独自Viewを作成)

TextViewなどのコントロールを配置して文字列を表示する方法のほかに、もっと自由にテキストを表示したいときはcanvasに直接文字列を描画することができます。
タッチイベント等も自分で実装することになりますが、文字を動かしたり自由自在です。

手順は、あらかじめ独自Viewクラスを作成しておき、その独自ビューを表示したい画面(Activity)にセットするような感じです。

まずはViewを継承した独自クラスStringView クラスを作成します。
onDrawメソッドを実装して、一生懸命文字列を描きます!!
第一段階終わり。


import android.content.Context;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.view.View;

public class StringView extends View {

	//コンストラクタ
	public StringView(Context context){
		super(context);
		setBackgroundColor(Color.WHITE);
		setClickable(true);
	}

	//描画
	@Override
	protected void onDraw(Canvas canvas){

		//描画オブジェクトの作成
		Paint paint=new Paint();
		paint.setAntiAlias(true);

		//文字サイズと文字色の指定
		paint.setTextSize(24);
		paint.setColor(Color.rgb(0,0,0));

		//画面サイズの取得
		canvas.drawText("画面サイズ"+
				getWidth()+"x"+getHeight(), 0,60, paint);

		//文字幅の取得
		canvas.drawText("文字幅"+
				(int)paint.ascent(), 0,60*2, paint);

		//アセント・ディセントの取得
		canvas.drawText("アセント:"+(int)paint.ascent(), 0,60*3, paint);

		//24ドット文字列の表示
		paint.setTextSize(24);
		paint.setColor(Color.rgb(255,0,0));
		canvas.drawText("24dot", 0, 60*4, paint);

		//32ドット文字列の表示
		paint.setTextSize(32);
		paint.setColor(Color.rgb(255,0,0));
		canvas.drawText("32dot", 0, 60*5, paint);

		//48ドット文字列の表示
		paint.setTextSize(48);
		paint.setColor(Color.rgb(255,0,0));
		canvas.drawText("48dot", 0, 60*12, paint);

	}
}

次は、表示する画面で setContentViewを使って作成した独自クラスStringViewをセットします。


import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class Sansyou extends Activity {
	 @Override
	 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
	     super.onCreate(savedInstanceState);
	     setContentView( new StringView(this));
	 }
}

20150227_canvas

やさしいジョイントマット つなげるマットで自由にレイアウト

カテゴリー: Android | コメントする

androidでスクロールバーを使おう

androidアプリの開発をしていて問題になってくるのが端末サイズがいろいろあって、端末によっては画面からは見出ししてしまうこと。その場合、スクロールによって解決するのが簡単なんですが、スクロールは自動てやってくれません。自分で実装する必要があります。
しかしながら、実装はとってもシンプル、xmlレイアウトファイルだけで実装できます。
それではサンプルです。

ポイントは、scrollviewタグのすぐ下の階層は単一のLinearlayoutでなければならないということです。
これはだめです。

 

上部のボタン部分は固定して、テキストエリアをスクロールしています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<RelativeLayout
xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:id="@+id/RelativeLayout01"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent">

	<LinearLayout android:id="@+id/LinearLayout55"
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content">

		<Button android:text="ボタンだよ1"
		  android:id="@+id/Button01"
		  android:layout_width="wrap_content"
		  android:layout_height="wrap_content">
		</Button>
		<Button android:text="ボタンだよ2"
		  android:id="@+id/Button02"
		  android:layout_width="wrap_content"
		  android:layout_height="wrap_content">
		</Button>
		<Button android:text="ボタンだよ3"
		  android:id="@+id/Button03"
		  android:layout_width="wrap_content"
		  android:layout_height="wrap_content">
		</Button>

	</LinearLayout>


	<ScrollView android:id="@+id/ScrollView99"
	android:layout_width="fill_parent"
	android:layout_height="wrap_content"
	android:layout_below="@+id/LinearLayout55">

		<LinearLayout android:id="@+id/LinearLayout01"
		android:layout_width="wrap_content"
		android:layout_height="wrap_content">

			<TextView
			android:id="@+id/TextView01"
			android:textSize="40sp"
			android:layout_width="wrap_content"
			android:layout_height="wrap_content">
			</TextView>

		</LinearLayout>

	</ScrollView>


</RelativeLayout>

20150226_01

カテゴリー: Android | コメントする

コマンドプロンプトでandroidアプリをアンインストールする

ひさしぶりにeclipseでアンドロイドアプリを実行しようとするとエラー。installがどうたらこうたら。
他の開発マシンのeclpseから実機起動したときのアプリが端末に残っているとエラーになるんだったような、それかgooglePlayからインストールしたんだったかわすれましたが、とにかく一旦端末内の該当アプリをアンストールしないと先にすすめません。
ということで、コマンドプロンプトから端末内のアンドロイドアプリをサクッと削除する方法です。

コマンドプロンプトを開いて
adb uninstall xxx.xxxxx.xxx
SuccessとでればOKです。

Failureとでればなんか問題ありです。

カテゴリー: Android | コメントする

横浜スタジアム 内野指定席SS席(バックネット裏)感想

7月7日横浜スタジアムへ行ってきました。キッズイベントの日ということもあってちびっこが多かったようですね。子ずれでなくても子供用のユニフォームを頂けました。

さて、今回は内野指定席SS席というなかなかの良席をゲットできたため大変たのしみにしておりましたが、期待どおり見やすい席でした。ここのSS席は足元もだいぶ余裕があるようでトイレに立つのもそれほどストレスにならないのが嬉しいです。映画館のように折り畳み席なので席が空いていれば通行もしやすいです。

SS席の22段です。DSC_0117

写真では選手が小さく見えますが、実際にみると全然違います。すごい臨場感です。

投手が投げる球筋もわかりますし1球1球にドキドキしながら時間を過ごせました。来る前はネットが気になるのかなーと心配もしていましたが、全然大丈夫でした。

お値段も5千円ちょいしますがじっくり試合を見たい人にはとっても満足できる席だと思います。

試合のほうもヤクルトを逆転勝ちで下して最高の盛り上がりでした。

 

カテゴリー: 未分類, 遊ぶ | コメントする

ダンシングストーンのご紹介

ダンシングストーンをご存知でしょうか?

その名のごとく、石が踊るんです。

クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズとして、かなり多くの種類が販売されていますが、これがなかなかの優れものです。もちろんダイヤなので、それだけでも輝きは当然なんですが、このダンシングストーンは、ダイヤの部分だけが揺れ動くようにセッティングしてあるため、身に着けていて、少し揺れると、その振動が絶妙にダイヤにつたわり、ずーっと揺れ動いてくれるんです。

その結果、光の反射も手伝って、輝きが他のネックレスとは一味ちがいます。

ここ一番のプレゼントには、もっていの一品かと思います。

04

カテゴリー: その他 | コメントする

伊東オレンジビーチ体験談

8月の連休に伊東オレンジビーチに海水浴に行ってきました。

どこのビーチにするか結構まよったのですが、ネットの情報を頼りに、水がきれいらしいとこことで決定です。
都心から3時間ぐらいとおもっていたのですが、小田原あたりからすさまじい渋滞にはまってしまい、大幅な時間ロスとなりました。
それでも、なんとか昼過ぎには到着し、駐車場をさがしますが、安い駐車場はどこも満車。道路には海の家のスタッフが駐車場の呼び込みに一生懸命です。
しかたがないので、海の上の呼び込のお兄さんに料金を訪ねると、海の家の利用料(シャワーなど)が一人1300円、駐車場が2千円で、二人なので合計4600円とのこと。うーん、高い。
値切ってみたら、4000円でいいよとのことで、それでも高い感じもしましたが、お願いすることにしました。
車を渡して、我々はとりあえず海の家へいって、支払を済ませて、いざビーチ!!

残念なことに、沖合50mぐらいのところにはテトラポットが並んでました。これは予想外でした。
そのせいで水の流れが悪いのか、枝とかゴミとかの浮遊物が目立ちます。水質はそんなに悪いような感じはしないのですが、きれいとはいえませんね。

テトラポットがあるので、波もほとんどありません。
おかげで小さい子供には、安全なビーチといえそうです。
そのせいか、ほとんどが子供ずれのファミリーの方のような感じです。若者がはしゃいいでる姿はあまり見られませんでした。

そして、海の家、このビーチは何と海の家が4つもあります。

全体的には悪くないんですが、やっぱり目の前のテトラポットが残念です。

つなげるマット・やさしいジョイントマット通販

カテゴリー: その他 | コメントする

三菱UFJをかたった怪しいメール

あいかわらず、きますねー
はたして引っかかる人がいるんだろうか?

以下のメールは2015/7/28に届いた三菱UFJをかたった怪しいメールです。

なんとも軽い書き出しのフィッシングメール。
外国人がやっているのでしょうか?だますにしてもちょっとセンスがないような・・・

↓↓↓↓↓↓
こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。

お客様のアカウントの安全性を保つために、「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。

以下のページより登録を続けてください。

ログイン – 三菱東京UFJ銀行

Copyright(C)2015 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――
↑↑↑↑↑↑

まあ、個人情報漏洩事件が起こったとありますが、それでいきなり「こんにちは!」っておかしいでしょ(笑)
みんな同じところで突っ込みいれてんでしょうが、それでもお年寄りとか、信じてしまう方もいらっしゃるのかもしれません。

三菱東京UFJ銀行システムで個人情報漏洩事件なんておきたら起きたら、通常はニュースになりますね。
まちがってもこんな軽いメールは来ません。

くれぐれもリンクをクリックして進んだりしないように気を付けましょう。

 

セキュリティソフトいれてますか?

ネットバンキングを使っていて、セキュリティソフト入れてないのは危険極まりない行為です。

万が一残高を抜かた時などの銀行の対応も、セキュリティソフトの有無で大きく変わってくることを銀行は公式に発表しています。(銀行協会だったかな・・・)

なので、ネットバンキングとセキュリティーソフトは絶対にセットで考えましょう!!

 

 

カテゴリー: セキュリティソフト | コメントする

ドロップシッピングってなんだ!?

先日、アフェリエイトやらネットショップやらの記事をぶらぶらと読んでいると、ドロップシッピングなる言葉に遭遇しました。無知な自分はなんのことかわからず、いろいろと調べてみると、アフェリエイトのような感じで、自分でネットショップを運営できるというもだということがわかりました。

調べてみたのは、「もしもドロップシッピング」というサービス

ネットショップといっても、在庫や流通に自分が直接関与することはなく、用意された商品を自分のサイトに掲載して販売するという形です。販売といっても、買い物かごの部分はサービス提供会社が担当するので、自分のやることは商品紹介のみです。商品数はものすごいので、自分が売りたい(紹介したい)商品を選んで、ショップをつくるといった手順です。

なんか、アフィリエイトに近い感じで面白そうなので、とりあえずトライです!!

サイト作成のサービスも充実しているので、思いのほかそれなりのサイトができてしまいます。驚きです。

とりあえず、「やさしいジョインマット」なる商品がそれなりに売れていて、商品としても面白そうなので、ジョインマット専門店を作ってみました。

はたして、やさしいジョインマットが売れる日が来るのだろうか?

興味のある方は覗いてみてください。

やさしいジョインマット

 

 

 

 

カテゴリー: 遊ぶ | コメントする

オキナワマリオット リゾート&スパ 体験談

少し前になりますが、オキナワマリオット リゾート&スパに宿泊したご報告です。 場所は、那覇からはだいぶ離れていて、恩納村というところです。

photo01

駐車場も玄関の目の前に、ひろがっているので、大きな荷物も楽ちんです。

っていうか、さすがリゾートホテル!!荷物を引きずっているとすぐにスタッフさんが駆け寄ってくれます。あまりこういうところにきたことないので、それだけでワクワクしちゃいます。

ビーチが近くて海にもすぐに行くことができます。リゾート感満載のエリアで、まわりに賑やかな繁華街とかがないので、あまり近くをぶらつくという感じでないですが、その代り、リゾートホテルらしく、ホテル内の設備がかなり充実しています。一押しはプールです。こじゃれたプールがいくつもあり、リゾート気分がたっぷり味わえます。私が行った時は まだ少し肌寒く、残念ながら泳ぐ気にはなれませんでしたが、それでも散歩だけ楽しんできました。

シーサーなんかも作れたり、ちょこちょこと館内で楽しませてくれます。

時期にもよりようですが、夕食のバーベキューが人気のようですね、自分もバーベキューがよかったのですが、あっという間にいっぱいになり、入ることができず、仕方なくフレンチ・イタリアン系のバイキングにしました。まあ、料理はそれなりに普通な感じでした。バーベキューは、回転が悪いようで早目に行かないと席をGETできないようでした。

最後にお部屋

一番の感動が、お部屋です。
写真がないのが残念ですが、さすがリゾートという感じのお部屋になっています。
ロケーションもいいし、床は板張りで、バルコニーも気持ちいいです。
部屋風呂、ジャグジー、洗面所も凝ってて、とっても気に入りました。

カテゴリー: 遊ぶ | コメントする